HOME  BACKキョウチクトウ科プルメリア属   常緑樹
プルメリア
Plumeria
  熱帯アメリカ原産で明治時代中期に導入された常緑樹。名前は、17世紀のフランス人宣教師で植物学者のシャルル・プリュミエ(Charles Plumier)に因む。枝先から集散花序をだし、芳香のある白色・淡黄色・淡紅色の花をつける。花冠は漏斗形で5裂する。葉は革質で、葉身は30-40cmの倒披針形から楕円形。熱帯から亜熱帯にかけて広く栽培されている。東南アジアでは葬式に、ハワイやタヒチではレイに使われる。オアフ島のココクレータ植物園には広大なプルメリア林がある。ラオスの国花。
英  名Temple tree,Frangipani
別  名インドソケイ
原産地/原生地熱帯アメリカ
花  期5月-10月
樹  高1-10m
種  別栽培
花言葉気品
プルメリアプルメリア
プルメリアプルメリア
プルメリアプルメリア
プルメリアプルメリア
プルメリアプルメリア
キョウチクトウ科の仲間
アコン アスクレピアス アスクレピアス・インカルナタ アデニウム アリアケカズラ イエライシャン イケマ インドゴムカズラ オオバナカリッサ オオミフクラギ オキシペタルム ガガイモ キバナキョウチクトウ キョウチクトウ キンリュウカ クサタチバナ グレートローズベイ コバノカモメヅル コプシア・フラビダ コプシア・フルティコサ サクララン サンユウカ シンガポールコプシア ストロファンツス・グラツス ストロファンツス・プレウシー セイロンライティア タチガシワ チョウジソウ ツルガシワ ツルニチニチソウ テイカカズラ ニチニチソウ ヒメアリアケカズラ ヒメツルニチニチソウ フウセントウワタ ボーモンティア マダガスカルジャスミン マンデビラ ミフクラギ ムラサキアリアケカズラ ヤエサンユウカ ライティア・レリギオサ ラフマ

iPhoneアプリ-花しらべ