HOME  BACKブナ科マテバシイ属   常緑高木
マテバシイ (馬刀葉椎)
Lithocarpus edulis
  暖地の海岸沿いに自生する常緑高木。雌雄同株。5-6月に雄花序は新枝の葉腋に穂状花序を数個上向きにだし小さな淡黄色の花を多数つける。葉は革質、枝先に集まってつき、互生、葉身は5-20cmの楕円形、縁は全縁。果実(ドングリ)は堅果で、渋みが少なく食用になる。材は建築材や器具材などで利用される。大気汚染に強く公園樹や街路樹などで植栽される。
英  名Japanese stone oak
別  名サツマジイ、マタジイ
原産地/原生地日本
花  期5月-6月
樹  高3-15m
地  域本州・関東以西、四国、九州、沖縄
環  境海岸
種  別自生/栽培
マテバシイマテバシイ
マテバシイマテバシイ
マテバシイ 
ブナ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ