HOME  BACKキジカクシ科ギボウシ属   耐寒性多年草
ギボウシ (擬宝珠)
Hosta
  ギボウシはギボウシ属の総称。東アジアの亜寒帯から温帯にかけて約40種が分布する。亜高山帯の草原や山林の日陰地などに自生する多年草。名前の由来は、若い花序が、橋や寺社などの欄干に取り付けられるギボシ(擬宝珠)に似ることから。5-9月に花茎の先に総状花序をだし、4cm程の白色や淡紫色の釣鐘形の花をつける。花冠は6裂する。花は一日花。葉は根茎から株立ちし、葉身は卵形。葉の大きいオオバギボウシ、葉の小さなコバギボウシ、斑入りのスジギボウシ、フイリギボウシなどがある。果実は刮ハ。
英  名Plantain lily
別  名ホスタ、ギボシ
原産地/原生地東アジア
花  期5月-9月
草  丈30-100cm
地  域全土
環  境山地/高山/林縁/草原
種  別自生/栽培
花言葉沈静
ギボウシギボウシ
ギボウシギボウシ
ギボウシギボウシ
キジカクシ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ