HOME  BACKズイナ科ズイナ属   落葉低木
コバノズイナ (小葉の瑞菜、小葉の髄菜)
Itea virginica
  北アメリカ原産で明治時代に導入された落葉低木。名前は、小さな葉をつけるズイナの仲間の意。5-6月に枝先に10cm程の総状花序をだし、小さな芳香のある白色の5弁花を多数つける。葉は互生し、葉身は5-10cmの狭楕円形から長楕円形、先が尖り、縁に細かい鋸歯がある。果実は朔果。秋に紅葉する。庭木などで植栽される。
英  名Sweetspire,Virginia willow
別  名アメリカズイナ
原産地/原生地北アメリカ東部
花  期5月-6月
樹  高1-3m
種  別栽培
コバノズイナコバノズイナ
コバノズイナコバノズイナ
コバノズイナコバノズイナ
ズイナ科ズイナ属の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ