HOME  BACKユキノシタ科アスチルベ属   多年草
アカショウマ (赤升麻)
Astilbe thunbergii var. thunbergii
  山地の林下に自生する多年草。名前の由来は、根茎や葉柄の基部が赤みを帯び、小葉のつき方が薬草のショウマ(升麻)に似ることから。5-7月に花茎の先に円錐花序をだし、小さな白色の花を穂状に多数つける。葉は互生、3回3出複葉、小葉は4-10cmの長卵形、先が尾状に尖り、縁に重鋸歯がある。
原産地/原生地日本
花  期5月-7月
草  丈40-100cm
地  域本州(東北南部から近畿地方)、四国
環  境山地/林縁
種  別自生
花言葉優雅、繊細
アカショウマアカショウマ
アカショウマ 
ユキノシタ科アスチルベ属の仲間

ユキノシタ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ