HOME  BACKウルシ科コティヌス属   落葉小高木
スモークツリー
Cotinus coggygria
  南ヨーロッパから中国中央部原産で明治時代に導入された落葉小高木。名前の由来は、花後に花柄が糸状に伸びて膨らんでいる様子を霞や煙に例えた。5-7月に20cm程の円錐花序をだし、小さな黄緑色の花をまばらにつけるが目立たない。葉は互生し、葉身は3-8cmの卵形。秋に紅葉する。樹皮からタンニンが採取される。庭木や公園樹で植栽される。
英  名Smoke Tree,Smokebush
別  名カスミノキ(霞の木)、ケムリノキ(煙の木)、ハグマノキ(白熊の木)
原産地/原生地南ヨーロッパから中国中央部
花  期5月-7月
樹  高1-8m
種  別栽培
花言葉煙にまく、賢明
スモークツリースモークツリー
スモークツリースモークツリー
スモークツリースモークツリー
スモークツリースモークツリー
ウルシ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ