HOME  BACKタデ科ギシギシ属   多年草
ギシギシ (羊蹄)
Rumex japonicus
  湿地や道端などのやや湿った場所に自生する多年草。名前の由来は、花穂をしごくとギシギシという音がすることからとされる。5-8月に茎の上部に円錐花序をだし、小さな緑色の花を多数つける。若芽は食用になるが、全草がシュウ酸カルシウムを含み大量に食べると嘔吐・下痢・けいれんを起こすことがある。スイバによく似るが、スイバは葉の基部が矢じり形、ギシギシは葉のフチが波打つ。
原産地/原生地東アジア
花  期5月-8月
草  丈40-100cm
地  域全土
環  境田畑/河原/草原/道端
種  別自生
ギシギシギシギシ
ギシギシギシギシ
タデ科ギシギシ属の仲間

タデ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ