HOME  BACKアヤメ科アヤメ属   多年草
ノハナショウブ (野花菖蒲)
Iris ensata var. spontanea
  水辺や湿った草原に自生する多年草。ハナショウブの原種。名前は野生のハナショウブの意。花茎は直立し草丈は40-100cm。6-7月に花茎の先に10cm程の赤紫色の花をつける。花被片は6個、外側の3個の花被片は楕円形で垂れ下がり、花被片の基部に黄色の斑紋が入るのが特徴。葉は互生し、葉身は30-60cmの剣状線形。
原産地/原生地日本、朝鮮半島、中国
花  期6月-7月
草  丈40-100cm
地  域北海道、本州、四国、九州
環  境山地/草原/池沼
種  別自生
ノハナショウブノハナショウブ
ノハナショウブ 
アヤメ科アヤメ属の仲間

アヤメ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ