HOME  BACKモクセイ科オリーブ属   常緑小高木
オリーブ
Olea europaea
  地中海沿岸地方原産で江戸時代末期に導入された常緑小高木。5-7月に葉腋に円錐花序をだし、小さな黄白色の花を多数つける。花冠は4裂する。葉は革質で、対生、葉身は3-6cmの披針形、縁は全縁。果実は、オリーブ油などの原料や塩漬けにして食用にする。日本での栽培は香川県小豆島が最大の産地で、香川県の県木に指定されている。
英  名Olive
原産地/原生地地中海沿岸地方
花  期5月-7月
樹  高2-7m
種  別栽培/野菜・果物
花言葉平和、知恵
オリーブオリーブ
オリーブオリーブ
オリーブオリーブ
オリーブ 
モクセイ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ