HOME  BACKスイカズラ科カノコソウ属   多年草
ツルカノコソウ (蔓鹿の子草)
Valeriana flaccidissima
  山地の林内などの湿り気のある場所に自生する多年草。名前の由来は、花後にツル(蔓)のように走出枝を伸ばし広がり、花がカノコソウに似ることから。4-5月に茎先に散房花序をだし、小さな白色から淡紅色の花をつける。花冠は5裂する。茎葉は対生、羽状複葉、小葉は卵形、縁に波状の鋸歯がある。
別  名ヤマカノコソウ
原産地/原生地日本、台湾、中国
花  期4月-5月
草  丈20-40cm
地  域本州、四国、九州
環  境山地/林縁
種  別自生
花言葉真実の愛情
ツルカノコソウツルカノコソウ
ツルカノコソウツルカノコソウ
スイカズラ科カノコソウ属の仲間

スイカズラ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ