HOME  BACKケシ科ディケントラ属   多年草
コマクサ (駒草)
Dicentra peregrina
  高山帯の砂礫地に自生する多年草。品のある姿と美しい色合いから高山植物の女王と呼ばれる。名前の由来は、花の形を馬(コマ(駒)は馬のこと)の顔に見立てた。全体が無毛で粉白色をおびる。6-8月に花茎の先に3cm程の淡紅色の花を下向きにつける。花弁は4枚で、2枚の花弁は反転し基部が袋状に丸くなり、別の2枚は剣の先のように突き出す。根生葉は3-5cmの2回3出複葉で細裂する。全草がアルカイドを含む有毒植物で誤食すると眠気・嘔吐・心臓麻痺を起こす。また、大雪山だけに生息するウスバキチョウの幼虫はコマクサを食べて成長する。
別  名カラフトコマクサ
原産地/原生地日本、ロシア
花  期6月-8月
草  丈5-15cm
地  域北海道、本州・中部以北
環  境高山/岩場
種  別自生
花言葉気高い心、高嶺の花
コマクサコマクサ
コマクサコマクサ
ケシ科ディケントラ属の仲間

ケシ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ