HOME  BACKハナシノブ科ハナシノブ属   多年草
ミヤマハナシノブ (深山花忍)
Polemonium caeruleum ssp. yezoense var. nipponicum
  北海道や本州・中部の高山の沢沿いや湿った草地に自生する多年草。名前の由来は、深山(高山)に生え、葉が羽状複葉でシノブ(シダの仲間)の葉に似ることから。草丈は40-80cm。7-8月に花茎の先に散房花序をだし、2-3cmの青紫色の5弁花をつける。葉は互生し、羽状複葉、小葉は披針形。
原産地/原生地日本
花  期7月-8月
草  丈40-80cm
地  域北海道、本州(北アルプス、南アルプス)
環  境高山
種  別自生
ミヤマハナシノブミヤマハナシノブ
ミヤマハナシノブ 
ハナシノブ科ハナシノブ属の仲間

ハナシノブ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ