HOME  BACKレンプクソウ科ガマズミ属   落葉低木
ガマズミ (莢迷)
Viburnum dilatatum
  山地に自生する落葉低木。5-6月に枝先に散房花序をだし、白色の小さな花を多数つける。花冠は5裂する。葉は対生し、葉身は6-14cmの広卵形から円形、縁に浅い鋸歯がある。よく似るコバノガマズミは基部に托葉があるが、ガマズミには托葉がない。果実は核果で9-11月に赤く熟し、生食や果実酒で利用される。果実と紅葉が美しく庭木として植栽される。
英  名Linden viburnum
別  名アラゲガマズミ
原産地/原生地日本
花  期5月-6月
樹  高2-5m
地  域北海道、本州、四国、九州
環  境山地/林縁/草原
種  別自生/栽培
花言葉結合、私を見て
ガマズミガマズミ
ガマズミガマズミ
ガマズミガマズミ
ガマズミガマズミ
レンプクソウ科ガマズミ属の仲間

レンプクソウ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ