HOME  BACKカバノキ科クマシデ属   落葉高木
クマシデ (熊四手)
Carpinus japonica
  山野の日当たりの良い沢沿いに自生する落葉高木。名前は、熊のように葉や花穂が大きく、シデ(玉串・しめ縄に下げる紙)に似ることから。雌雄同株。4-5月に前年枝に雄花序、本年枝に雌花序を垂れ下げる。葉は互生し、葉身は長さ5-10cm、幅2-5cmの長楕円形、先は尖り、縁に鋸歯がある。果穂は、5-10cmで種子を抱いた果苞が房状につく(写真)。材は堅く家具・薪炭材・建築材などで利用される。
英  名Japanese hornbeam
別  名カタシデ
原産地/原生地日本
花  期4月-5月
樹  高10-15m
地  域本州、四国、九州
環  境山地/河原
種  別自生
クマシデクマシデ
クマシデクマシデ
クマシデクマシデ
カバノキ科クマシデ属の仲間

カバノキ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ