HOME  BACKアヤメ科アノマテカ属   半耐寒性球根
ヒメヒオウギ (姫檜扇)
Anomatheca laxa
  南アフリカ原産の球根草。名前の由来は、ヒオウギに似ており全体が小型であることから。4-6月に葉腋から花柄を伸ばし、その先に2cm程の白、淡紅、橙色の花をつける。3枚の花弁の基部に紅色の斑が入る。葉身は10-20cmの線形。
英  名Anomatheca,False freesia
別  名アノマテカ
原産地/原生地南アフリカ
花  期4月-6月
草  丈20-40cm
種  別栽培
ヒメヒオウギヒメヒオウギ
ヒメヒオウギヒメヒオウギ
アヤメ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ