HOME  BACKケシ科メコノプシス属   多年草
メコノプシス・グランディス
Meconopsis grandis
  ヒマラヤの高地(標高3000-4000m)に自生する多年草。属名はギリシャ語のmekon(ケシ)とopsis (のような)が語源、この植物がケシに似ることに因む。茎は直立し草丈は60-150cm。茎頂に10cm程の青色の花を1個つける。観賞用に栽培される。ブータン王国の国花。
英  名Blue poppy
別  名ブルーポピー、ヒマラヤの青いケシ
原産地/原生地ヒマラヤ
花  期5月-8月
草  丈60-150cm
環  境高山
種  別栽培
花言葉底知れぬ魅力
メコノプシス・グランディスメコノプシス・グランディス
メコノプシス・グランディス 
ケシ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ