HOME  BACKオオバコ科イワカラクサ属   耐寒性多年草
イワカラクサ (岩唐草)
Erinus alpinus
  ヨーロッパのピレネー山脈やアルプスの高山帯に分布する多年草。名前の由来は、岩場に自生し、小さな花が群生する様子を唐草模様に例えた。4-7月に茎先に7-8mmの白・淡紅・淡紫色の花をつける。花冠は5裂する。葉は互生し、葉身は1cm程の倒卵状披針形。ロックガーデンや鉢植えなどで利用される。
英  名Fairy foxglove
別  名エリヌス・アルピヌス
原産地/原生地ヨーロッパ・ピレネー山脈・アルプス
花  期4月-7月
草  丈5-20cm
環  境高山
種  別栽培
イワカラクサイワカラクサ
イワカラクサイワカラクサ
イワカラクサイワカラクサ
オオバコ科の仲間
アンゲロニア イヌノフグリ イワブクロ ウォーターバコパ ウルップソウ ウンラン エチゴトラノオ オオイヌノフグリ オオカワヂシャ オオバコ オタカンサス キンギョソウ クガイソウ クワガタソウ グロブラリア・コルディフォリア ケローネ コゴメイヌノフグリ シナノヒメクワガタ シュッコンリナリア ジギタリス スズカケソウ タチイヌノフグリ ツタバウンラン テングクワガタ トウテイラン トラノオスズカケ ハナチョウジ ハマトラノオ ヒメキンギョソウ ヒメトラノオ フラサバソウ ヘーベ ヘラオオバコ ベロニカ ベロニカ・オックスフォードブルー ペンステモン ホソバウンラン マツバウンラン ムシクサ メカルドニア ヤマクワガタ レーマニア・エラータ

iPhoneアプリ-花しらべ