HOME  BACKネギ科ハタケニラ属   球根
ハタケニラ (畑韮)
Nothoscordum fragrans
  北アメリカ原産で明治時代中頃に観賞用に導入された球根草。現在は、関東以西の道端や畑などに生える帰化植物。名前の由来は、畑に多く生えて、葉の形がニラに似ることから。(ニラのような臭いはない)。5-6月に長い花茎の先に散形花序をだし、1-2cmの白色の6弁花を数個つける。葉身は30cm程で線形。繁殖力が強く在来種との競合が懸念されている。
英  名Fragrant false garlic,Wild onion,Onion weed
原産地/原生地北アメリカ
花  期5月-6月/10月-11月
草  丈30-80cm
地  域本州・関東以西から近畿
環  境田畑/道端
種  別自生
ハタケニラハタケニラ
ハタケニラ 
ネギ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ