HOME  BACKムクロジ科トチノキ属   落葉高木
トチノキ (栃の木)
Aesculus turbinata
  山地に生える落葉高木。5-6月に枝先に円錐花序を直立し、1-2cmの白色の花を多数つける。中央部に淡紅色の斑があり、花弁は4個で雄しべが突き出る。葉は互生し、掌状複葉、小葉は15-40cmの倒狭卵形、先が尖り、縁に鋸歯がある。9月に果実が熟す。種子はトチモチ(栃餅)として、材は家具などの建築材として利用される。公園樹や街路樹で植栽される。栃木県の県木。
英  名Japanese horse-chestnut
別  名トチ(栃)
原産地/原生地日本
花  期5月-6月
樹  高10-35m
地  域北海道、本州、四国、九州
環  境山地/林縁/河原
種  別自生/栽培/野菜・果物
花言葉贅沢、健康
トチノキトチノキ
トチノキトチノキ
トチノキトチノキ
トチノキトチノキ
ムクロジ科トチノキ属の仲間

ムクロジ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ