HOME  BACKアヤメ科イキシア属   半耐寒性球根
イキシア
Ixia
  南アフリカ原産の球根草。イキシア属の総称で多数の園芸品種がある。イキシアとはギリシャ語のixos(鳥もち)が語源で、茎や葉を傷つけるとネバネバした液がでることから。南アフリカのトウモロコシ畑に多く自生することから African corn lilly の英名がある。4-6月に白、黄、淡紅などの漏斗形の花を穂状につける。花被片は6個。葉は線形。多くの園芸品種があり花壇・鉢植え・切り花などで利用される。
英  名African corn lilly
別  名ヤリズイセン(槍水仙)、イクシア、アフリカンコーンリリー
原産地/原生地南アフリカ
花  期4月-6月
草  丈30-60cm
種  別栽培
花言葉秘めた恋、団結、誇り高い
イキシアイキシア
イキシアイキシア
イキシア 
アヤメ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ