HOME  BACKセリ科ヤブニンジン属   多年草
ヤブニンジン (藪人参)
Osmorhiza aristata
  山野に自生する多年草。名前の由来は、ヤブ(藪)に生え、葉がニンジン(人参)の葉に似ることから。4-5月に枝先に複散形花序をだし、小さな白色の花をまばらにつける。葉は、2回羽状複葉。小葉は卵形、縁に鋸歯がある。両面に毛がある。
別  名ナガジラミ
原産地/原生地東アジア
花  期4月-5月
草  丈30-70cm
地  域北海道、本州、四国、九州
環  境山地/林縁
種  別自生
花言葉喜び
ヤブニンジンヤブニンジン
ヤブニンジン 
セリ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ