HOME  BACKレンプクソウ科ガマズミ属   落葉低木
チョウジガマズミ
Viburnum carlesii var. bitchiuense
  本州、四国、九州の山地の一部の地域に自生する落葉低木。名前の由来は、花が丁子形で、ガマズミの仲間であることから。4-5月に枝先に手まり状の集散花序をだし、1cm程の強い芳香のある淡紅色、白色の高杯形の花を多数つける。花冠は5裂する。葉は対生し、葉身は5-10cmの楕円形から広卵形、先が尖り、縁に細かい鋸歯がある。果実は核果で6-10月に黒く熟す。庭木や鉢物で利用される。基本種であるオオチョウジガマズミ(var. carlesii)は対馬に分布し葉が広卵形で花が大きい(写真最後)。
別  名チュウゴクガマズミ
原産地/原生地日本、朝鮮半島
花  期4月-5月
樹  高1-3m
地  域本州・中国地方、四国、九州
環  境山地/林縁
種  別自生/栽培
チョウジガマズミチョウジガマズミ
チョウジガマズミチョウジガマズミ
チョウジガマズミチョウジガマズミ
レンプクソウ科ガマズミ属の仲間

レンプクソウ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ