HOME  BACKアジサイ科ウツギ属   落葉低木
ウツギ (空木、卯木)
Deutzia crenata
  日当たりの良い山野に生える落葉低木。名前は幹が中空であることからウツギ(空木)となった。旧暦の4月のウヅキ(卯月)に咲くことからウノハナ(卯の花)とも呼ばれる。5-7月に枝先に円錐花序をだし、1cm程の白色の鐘形の5弁花を多数下向きにつける。葉は質はやや厚く、対生、葉身は4-10cmの楕円形、先が尖り、縁に鋸歯がある。果実はさく果。庭木や生垣で植栽される。よく似る仲間のヒメウツギの葉裏は無毛だがウツギは星状毛が密生する。
別  名ウノハナ(卯の花)
原産地/原生地日本、朝鮮半島、中国
花  期5月-7月
樹  高1-4m
地  域北海道、本州、四国、九州
環  境山地/林縁/草原
種  別自生/栽培
花言葉風情、秘密、古風
ウツギウツギ
ウツギウツギ
ウツギウツギ
アジサイ科ウツギ属の仲間

アジサイ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ