HOME  BACKモクレン科モクレン属   落葉高木
ホオノキ (朴の木)
Magnolia obovata
  山地や丘陵などに自生する落葉高木。日本特産種。5-6月に枝先に大きな芳香のある黄白色の花を上向きにつける。花被片は9-12個。葉は枝先に集まってつき、互生、葉身は長さ20-40cm、幅10-25cmの倒卵状楕円形、全縁。果実は袋果が集まった集合果で9-11月に赤褐色に熟す。葉は朴葉味噌の料理、樹皮は薬用、材は堅く家具・細工物などで利用される。公園樹や街路樹で植栽される。
英  名Japanese bigleaf magnolia
別  名ホオガシワ、ホウノキ
原産地/原生地日本
花  期5月-6月
樹  高5-30m
地  域北海道、本州、四国、九州
環  境田畑/山地/林縁
種  別自生/栽培
花言葉誠意ある友情
ホオノキホオノキ
ホオノキホオノキ
ホオノキホオノキ
ホオノキ 
モクレン科モクレン属の仲間

モクレン科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ