HOME  BACKナデシコ科ミミナグサ属   多年草
ミミナグサ (耳菜草)
Cerastium holosteoides var. hallaisanense
  道端やあぜ道などに生える多年草。名前の由来は、葉をネズミ(鼠)のミミ(耳)に例え、若い苗は食用になるので菜が付けられた。全体に短毛がつき、茎は赤紫色を帯びる。4-6月に小さな白色の花をつける。花弁と萼片の長さはほぼ同じ。5枚の花びらの中心に切れ込みがある。葉は対生し、葉身は1-4cmの卵形から長楕円形。オランダミミナグサに比べると余り見かけることはない。
花  期4月-6月
草  丈10-30cm
地  域全土
環  境田畑/山地/林縁/草原/道端
種  別自生
花言葉純真
ミミナグサミミナグサ
ミミナグサミミナグサ
ナデシコ科ミミナグサ属の仲間

ナデシコ科の仲間
アメリカセンノウ アレナリア・モンタナ イワツメクサ ウシハコベ ウスベニツメクサ エゾオオヤマハコベ エンビセンノウ オオツメクサ オオヤマフスマ オグラセンノウ オランダミミナグサ カーネーション カーペットカスミソウ カスミソウ カッコウセンノウ カワラナデシコ クモマミミナグサ サボンソウ サワハコベ シコタンハコベ シナノナデシコ シレネ・カロリニアナ シロバナマンテマ スイセンノウ セラスチウム センジュガンピ タカネツメクサ タカネナデシコ タカネビランジ タカネマンテマ タガソデソウ ツメクサ ツルビランジ ドウカンソウ ナデシコ ナンバンハコベ ノハラナデシコ ノミノツヅリ ノミノフスマ ハコベ ハマナデシコ ハマベマンテマ ヒメナデシコ ヒメハマナデシコ ビスカリア フクロナデシコ フシグロセンノウ ホソバツメクサ ホワイトキャンピオン マツモトセンノウ マンテマ ミドリハコベ ミヤマハコベ ムギセンノウ ムシトリナデシコ レッドキャンピオン ワダソウ ワチガイソウ

iPhoneアプリ-花しらべ