HOME  BACKアヤメ科アヤメ属   耐寒性多年草
アヤメ (菖浦)
Iris sanguinea
  山野の乾いた草地に生える多年草。観賞目的で庭植えや鉢植えで利用される。名前の由来は、外花被片の基部にアヤメ(綾目)模様が入ることから。茎は直立し、5-6月に茎先に10cm程の青紫色の花を1-3個つける。花被片は6個。外花被片の基部に網目状の模様と黄色の斑が入る。葉は互生し、葉身は30-60cmの剣状線形。よく似るカキツバタ、ハナショウブは湿地に生えるが、アヤメはやや乾いた草地に生える。
英  名Blood iris,Japanese iris
原産地/原生地日本、朝鮮半島、中国、シベリア
花  期5月-6月
草  丈20-80cm
地  域北海道、本州、四国、九州
環  境山地/草原
種  別自生/栽培
花言葉使者、憤慨
アヤメアヤメ
アヤメアヤメ
アヤメ科アヤメ属の仲間

アヤメ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ