HOME  BACKレンプクソウ科ガマズミ属   落葉小高木
カンボク (肝木)
Viburnum opulus var. calvescens
  山地の湿り気のある場所に自生する落葉小高木。5-7月に枝先に散房花序をだす。中心部には小さな両性花が多数つき、周囲に2cm程の白色の装飾花をつける。装飾花は5深裂する。葉は対生し、葉身は5-10cmの広卵形で3裂するのが特徴。果実は核果で9-10月に赤く熟す。材は楊枝などに使われる。
原産地/原生地日本、朝鮮半島、中国、ロシア
花  期5月-7月
樹  高4-7m
地  域北海道、本州・中部以北
環  境山地/高山/林縁
種  別自生
花言葉年齢を感じる
カンボクカンボク
カンボクカンボク
カンボクカンボク
カンボク 
レンプクソウ科ガマズミ属の仲間

レンプクソウ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ