HOME  BACKアヤメ科ニワゼキショウ属   耐寒性多年草
ニワゼキショウ (庭石菖)
Sisyrinchium rosulatum
  北アメリカ原産で明治20年頃に観賞用に導入された多年草。日当たりの良い道端などに自生する帰化植物。名前の由来は、ニワ(庭)などに生え、葉がセキショウに似ることから。草丈は10-20cm。5-6月に花茎の先に1-2cmの花をつける。花被片は6個、紅紫色の筋が入る。花は1日でしぼむ。葉身は6cm程の線形、基部は茎を抱く。仲間には花色が青紫色のアイイロニワゼキショウ、背が高いオオニワゼキショウなどがある。
英  名Blue-eyed Grass
別  名ナンキンアヤメ
原産地/原生地北アメリカ東部
花  期5月-6月
草  丈10-30cm
地  域全国
環  境田畑/草原/道端
種  別自生
花言葉繁栄
ニワゼキショウニワゼキショウ
ニワゼキショウニワゼキショウ
ニワゼキショウニワゼキショウ
アヤメ科ニワゼキショウ属の仲間

アヤメ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ