HOME  BACKキジカクシ科マイヅルソウ属   耐寒性多年草
マイヅルソウ (舞鶴草)
Maianthemum dilatatum
  低山から高山帯の林床に自生する多年草。名前の由来は、葉脈が曲がる様子を鶴が羽を広げた姿に例えたという説、小さな花が鶴が舞う姿に似るからという説がある。細長い地下茎で広がり群落をつくる。4-8月に茎頂に総状花序をだし、小さな白色の6弁花を10-20個つける。花びらは後ろへ反り返る。葉は2個互生し、有柄、葉身は4-8cmの卵心形、先が尖る。果実は液果で赤く熟す。
英  名Snakeberry
原産地/原生地日本、朝鮮半島、中国、ロシア、北アメリカ
花  期4月-8月
草  丈5-25cm
地  域北海道、本州、四国、九州
環  境山地/高山/林縁
種  別自生
花言葉清純な乙女の面影
マイヅルソウマイヅルソウ
マイヅルソウマイヅルソウ
マイヅルソウマイヅルソウ
キジカクシ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ