HOME  BACKキジカクシ科スズラン属   球根
スズラン (鈴蘭)
Convallaria majalis
  日本在来の自生種(var. keiskei)と観賞用に栽培されているドイツスズラン(var. majalis)がある。自生種は標高の高い山地の草原などに自生する。ドイツスズランは、自生種より大型。名前の由来は、花の様子が白い鈴(壺状花)を吊るしたように見え、葉がランに似ることから。4-6月に花茎をのばし白色の芳香のある花を数個下向きにつける。花冠は6裂する。強心配糖体を含む有毒植物で、誤食すると嘔吐・心不全を起こす。
別  名キミカゲソウ(君影草)、タニマノヒメユリ(谷間の姫百合)
原産地/原生地日本、ロシア
花  期4月-6月
草  丈15-40cm
地  域北海道、本州・中部以北
環  境山地/高山
種  別自生/栽培
花言葉幸福の再来、純潔、幸福の約束
スズランスズラン
スズランスズラン
スズラン 
キジカクシ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ