HOME  BACKキョウチクトウ科チョウジソウ属   耐寒性多年草
チョウジソウ (丁字草)
Amsonia elliptica
  チョウジソウには国内の湿地や草原などに自生するAmsonia elliptica と北アメリカ原産で1970年頃に観賞用に導入されたAmsonia angustifoliaがある。名前の由来は、横から見る花の形がチョウジ(丁の字)に見えることから。5-6月に茎先に集散花序をだし、2cm程の淡紫色の花をつける。花冠は高杯形で5裂する。葉は互生し、葉身は6-10cmの披針形。環境省・準絶滅危惧種。(写真は自生種)
別  名アムソニア、ホソバチョウジソウ
原産地/原生地日本、朝鮮半島、中国
花  期4月-6月
草  丈40-100cm
地  域北海道、本州、四国、九州
環  境田畑/林縁/河原/草原/池沼
種  別自生/栽培
花言葉威厳
チョウジソウチョウジソウ
チョウジソウチョウジソウ
チョウジソウ 
キョウチクトウ科の仲間
アコン アスクレピアス アスクレピアス・インカルナタ アデニウム アリアケカズラ イエライシャン イケマ インドゴムカズラ オオバナカリッサ オオミフクラギ オキシペタルム ガガイモ キバナキョウチクトウ キョウチクトウ キンリュウカ クサタチバナ グレートローズベイ コバノカモメヅル コプシア・フラビダ コプシア・フルティコサ サクララン サンユウカ シンガポールコプシア ストロファンツス・グラツス ストロファンツス・プレウシー セイロンライティア タチガシワ ツルガシワ ツルニチニチソウ テイカカズラ ニチニチソウ ヒメアリアケカズラ ヒメツルニチニチソウ フウセントウワタ プルメリア ボーモンティア マダガスカルジャスミン マンデビラ ミフクラギ ムラサキアリアケカズラ ヤエサンユウカ ライティア・レリギオサ ラフマ

iPhoneアプリ-花しらべ