HOME  BACKキジカクシ科オーニソガラム属   耐寒性球根
オオアマナ (大甘菜)
Ornithogalum umbellatum
  ヨーロッパ原産で明治末期に観賞用に導入された球根草。日当たりの良い草原などに自生する帰化植物。名前の由来は、草姿がアマナに似ており、全体に一回り大きいことから。十字軍によりイギリスにもたらされ、ヨーロッパで品種改良がおこなわれた。3-6月に総状花序をだし、3cm程の白色の6弁花をつける。6枚の花びらに見えるが外側の3枚は萼で、内側の3枚は花弁。鱗茎から20cm程の線形の葉を6-8個出す。
英  名Star of Bethlehem
別  名オーニソガラム・ウンベラツム、ベツレヘムノホシ(ベツレヘムの星)
原産地/原生地ヨーロッパ、アフリカ、西アジア
花  期3月-6月
草  丈10-40cm
地  域本州
環  境田畑/草原/道端
種  別自生/栽培
花言葉純粋、純白、無垢
オオアマナオオアマナ
オオアマナオオアマナ
キジカクシ科オーニソガラム属の仲間

キジカクシ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ