HOME  BACKノウゼンハレン科トロパエオルム属   つる性一年草
ナスタチウム
Tropaeolum majus
  南アメリカの山岳地帯に分布するつる性の一年草。江戸時代末期に導入された。属名のトロパエオルムはラテン語のtropaeum(トロフィー)が語源で、花や葉が兜や盾に似ることから。別名のキンレンカ(金蓮花)は、黄色の花と葉がハスに似ることから。花柄の先に6cm程の5弁花を1個つける。花色は赤色、黄色、橙色がある。葉は互生し、葉身は3-6cmの腎臓形。ハーブの一種で花・葉・果実は辛くビタミンCが豊富で食用にする。花壇、パーゴラ、フェンス、鉢植えなどで利用される。
英  名Nasturtium,Indian cress
別  名ノウゼンハレン(凌霄葉蓮)、キンレンカ(金蓮花)
原産地/原生地南アメリカ(ペルー・コロンビア)
花  期3月-11月
草  丈50-300cm
種  別栽培
花言葉愛国心、勝利
ナスタチウムナスタチウム
ナスタチウムナスタチウム
ナスタチウム 
iPhoneアプリ-花しらべ