HOME  BACKナデシコ科ミミナグサ属   耐寒性多年草
セラスチウム
Cerastium tomentosum
  南ヨーロッパ原産で明治時代に導入された多年草。属名のCerastiumはギリシャ語のkerastes(角)が語源で、種子鞘の形に因む。カーペット状に広がり、4-6月に2cm程の白色の5弁花を集散状につける。花弁の先には切り込みが入る。葉は銀白色の綿毛で覆われ、対生、葉身は1-3cmの披針形。ボーダー花壇やロックガーデンで利用される。
英  名Snow-in-summer
別  名シロミミナグサ(白耳菜草)、ナツユキソウ(夏雪草)
原産地/原生地南ヨーロッパ
花  期4月-6月
草  丈10-30cm
種  別栽培
花言葉才能、幸福
セラスチウムセラスチウム
セラスチウム 
ナデシコ科ミミナグサ属の仲間

ナデシコ科の仲間
アメリカセンノウ アレナリア・モンタナ イワツメクサ ウシハコベ ウスベニツメクサ エゾオオヤマハコベ エンビセンノウ オオツメクサ オオヤマフスマ オグラセンノウ オランダミミナグサ カーネーション カーペットカスミソウ カスミソウ カッコウセンノウ カワラナデシコ クモマミミナグサ サボンソウ サワハコベ シコタンハコベ シナノナデシコ シレネ・カロリニアナ シロバナマンテマ スイセンノウ センジュガンピ タカネツメクサ タカネナデシコ タカネビランジ タカネマンテマ タガソデソウ ツメクサ ツルビランジ ドウカンソウ ナデシコ ナンバンハコベ ノハラナデシコ ノミノツヅリ ノミノフスマ ハコベ ハマナデシコ ハマベマンテマ ヒメナデシコ ヒメハマナデシコ ビスカリア フクロナデシコ フシグロセンノウ ホソバツメクサ ホワイトキャンピオン マツモトセンノウ マンテマ ミドリハコベ ミミナグサ ミヤマハコベ ムギセンノウ ムシトリナデシコ レッドキャンピオン ワダソウ ワチガイソウ

iPhoneアプリ-花しらべ