HOME  BACKイネ科チガヤ属   多年草
チガヤ (茅)
Imperata cylindrica
  日当たりの良い河原や草原に自生する多年草。名前の由来は、群生することから「千の茅」という説、穂がでる頃は赤いので「血の茅」という説がある。4-6月に10-20cmの円柱状の花序をだし、小穂を密につける。根生葉は20-40cmの線形。若い花序はツバナと呼ばれ、噛むと甘みがある。根茎は薬効があり利尿、止血に用いる。
別  名ツバナ(茅花)
花  期4月-6月
草  丈30-80cm
地  域全土
環  境田畑/山地/河原/草原/道端
種  別自生
花言葉子供の守護神
チガヤチガヤ
チガヤ 
イネ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ