HOME  BACKキジカクシ科ユキザサ属   多年草
ユキザサ (雪笹)
Smilacina japonica
  山地の林内に自生する多年草。名前の由来は、白い花がユキ(雪)のように見え、葉の形がササ(笹)に似ることから。4-7月に茎頂に円錐花序をだし、小さな白色の花を多数つける。花被片は6個。葉は互生し、葉身は5-15cmの卵状長楕円形。果実は液果で赤く熟す。若芽は食用になる。仲間には、葉の幅が広く花色が緑色のヒロハユキザサ(S. yesoensis)、大形のヤマトユキザサ(S. hondoensis)などがある。
原産地/原生地日本、朝鮮半島、中国、東シベリア
花  期4月-7月
草  丈20-60cm
地  域北海道、本州、四国、九州
環  境山地/高山/林縁
種  別自生
花言葉汚れのない
ユキザサユキザサ
ユキザサユキザサ
ユキザサ 
キジカクシ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ