HOME  BACKセリ科シャク属   多年草
シャク (杓)
Anthriscus sylvestris
  山地の谷間などの湿気のある草地に自生する多年草。名前の由来は、実の形が神事に使われていた「さく米」に似ることから「サク」が転訛してシャクになったという説がある。葉がニンジンに似るためにヤマニンジンの別名がある。4-6月に、茎先に複散形花序をだし、小さな白色の5弁花をつける。花柄が笠状に伸びる。葉は互生し、有柄、2回3出羽状複葉、小葉は細裂する。全体に芳香があり、若葉は食用になる。
英  名Cow parsley
別  名ヤマニンジン、コジャク
原産地/原生地ユーラシア
花  期4月-6月
草  丈60-170cm
地  域北海道、本州、四国、九州
環  境山地/草原/池沼
種  別自生
シャクシャク
シャクシャク
シャクシャク
セリ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ