HOME  BACKケシ科キケマン属   多年草
ジロボウエンゴサク (次郎坊延胡索)
Corydalis decumbens
  草地に自生する多年草。名前の由来は、子供が伊勢地方でスミレを太郎坊、本種を次郎坊と呼び、二つの花を互いに引っ掛けて遊んだことから。エンゴサク(延胡索)とは生薬の一種で塊茎に鎮痛作用があり乾燥させ煎じて服用する。3-5月に茎頂に2cm程の赤紫の筒状の唇形の花をつける。葉は2-3回3出複葉。
原産地/原生地日本、台湾、中国
花  期3月-5月
草  丈10-30cm
地  域本州・関東以西、四国、九州
環  境田畑/山地/草原/道端
種  別自生
ジロボウエンゴサクジロボウエンゴサク
ジロボウエンゴサクジロボウエンゴサク
ケシ科キケマン属の仲間

ケシ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ