HOME  BACKハマミズナ科ドロテアンツス属   這性非耐寒性一年草
リビングストーンデージー
Dorotheanthus bellidiformis
  南アフリカのケープ地方原産で昭和10年(1935年)頃に導入された一年草。花の名前は、19世紀のイギリス人のアフリカ探検家リビングストン(David Livingstone)に因む。草丈は10-20cmで地面を這い、3-5月に4cm程の白・赤・淡紅・黄・橙色などの光沢がある花をつける。葉は多肉質でへら形。花は日中に開き夕方に閉じる。日ざしが弱い雨や曇りの日には花は開かない。花壇や鉢植えなどで利用される。
英  名Livingstone daisy
別  名ベニハリ(紅波璃)
原産地/原生地南アフリカ・ケープ地方
花  期3月-5月
草  丈10-20cm
種  別栽培
花言葉華やか、瞳の輝き
リビングストーンデージーリビングストーンデージー
リビングストーンデージーリビングストーンデージー
リビングストーンデージーリビングストーンデージー
リビングストーンデージー 
ハマミズナ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ