HOME  BACKキンポウゲ科キンポウゲ属   多年草
キツネノボタン (狐の牡丹)
Ranunculus silerifolius
  山野の湿った場所に自生する多年草。名前の由来は、キツネ(狐)が棲むような場所で生育し、葉がボタン(牡丹)の葉に似ることから。4-7月に分枝した茎の先に1cm程の光沢のある黄色の5弁花をつける。葉は3出複葉、小葉はさらに3裂し縁に鋸歯がある。よく似るケキツネノボタンとの見分け方は、キツネノボタンは毛は少なく、果実の先端が曲がるが、ケキツネノボタンは全体に毛があり、果実の先端が曲がらない。誤食すると嘔吐・下痢を起こす有毒植物。
別  名コンペイトウグサ(金平糖草)
原産地/原生地日本、朝鮮半島
花  期4月-7月
草  丈30-60cm
地  域全土
環  境田畑/山地/高山/河原/草原/道端
種  別自生
キツネノボタンキツネノボタン
キツネノボタンキツネノボタン
キツネノボタン 
キンポウゲ科キンポウゲ属の仲間

キンポウゲ科の仲間
アキカラマツ アズマイチゲ アネモネ アネモネ・ブランダ イチリンソウ イトキンポウゲ イヌショウマ ウマノアシガタ ウメバチキンポウゲ エゾノリュウキンカ エンコウソウ オオレイジンソウ オキナグサ オクトリカブト オダマキ カナダオダマキ カラマツソウ キクザキイチゲ キタダケソウ キバナセツブンソウ キンバイソウ クサボタン クリスマスローズ クレマチス クレマチス・モンタナ ケキツネノボタン サラシナショウマ サンリンソウ シキンカラマツ シナノキンバイ シュウメイギク シラネアオイ セイヨウオキナグサ セツブンソウ セリバオウレン セリバヒエンソウ センニンソウ タガラシ チドリソウ ツクモグサ デルフィニウム トウゴクサバノオ トロリウス ニゲラ ニリンソウ ハイキンポウゲ ハクサンイチゲ ハナトリカブト ハンショウヅル バイカオウレン バイカカラマツ バイカモ ヒキノカサ ヒダカソウ ヒメイチゲ ヒメウズ ヒメリュウキンカ フクジュソウ フタマタイチゲ ボタンヅル ミチノクフクジュソウ ミツバオウレン ミヤマオダマキ ミヤマカラマツ ミヤマキンポウゲ ミヤマトリカブト ミヤマハンショウヅル モミジカラマツ ヤチトリカブト ヤブイチゲ ヤマオダマキ ヤマトリカブト ユキワリイチゲ ユキワリソウ ラナンキュラス ラナンキュラス・ゴールドコイン リュウキンカ ルイヨウショウマ レンゲショウマ

iPhoneアプリ-花しらべ