HOME  BACKイワウメ科イワウチワ属   耐寒性多年草
イワウチワ (岩団扇)
Shortia uniflora
  山地の林内や林縁に自生する多年草。名前の由来は、岩場に生え、葉がウチワの形に似ることから。4-6月に花茎の先に3cm程の淡紅色の漏斗形の花を横向きにつける。花弁の先には切れ込みがある。根生葉は革質で厚みがあり、有柄、葉身は3-7cmの円形、基部は心形。
英  名Nippon bells
原産地/原生地日本
花  期4月-6月
草  丈3-15cm
地  域北海道、本州・近畿地方以北
環  境山地/高山/林縁/岩場
種  別自生
花言葉春の使者
イワウチワイワウチワ
イワウチワ 
イワウメ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ