HOME  BACKセンリョウ科チャラン属   耐寒性多年草
ヒトリシズカ (一人静)
Chloranthus japonicus
  全国の林縁や林床などに自生する多年草。名前の由来は、草姿を静御前の舞う姿に見立てたもの。4-5月に茎頂の葉腋に穂状花序をだし、小さな白色の花をブラシ状につける。白い糸状の雄しべが3分岐する。花弁・萼はない。葉は光沢があり、茎頂に4輪生、葉身は6-10cmの楕円形、先が尖り、縁に鋸歯がある。
別  名ヨシノシズカ、マユハケソウ(眉掃草)
原産地/原生地日本、朝鮮半島、中国、ロシア
花  期4月-5月
草  丈10-30cm
地  域北海道、本州、四国、九州
環  境山地/林縁/草原
種  別自生
花言葉隠れた美しさ
ヒトリシズカヒトリシズカ
ヒトリシズカ 
センリョウ科チャラン属の仲間

センリョウ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ