HOME  BACKムラサキ科オンファロデス属   多年草
ヤマルリソウ (山瑠璃草)
Omphalodes japonica
  山地の木陰や道端などに自生する多年草。名前の由来は、花色が瑠璃色で良く似るルリソウと区別するためにヤマがついたとされる。3-5月に茎先に総状花序をだし、1cm程の花をつける。花冠は5裂する。花色は咲き始めは淡紅色で、次第に瑠璃色に変化する。根生葉は10-20cmでロゼット状になり放射状に広がる。
原産地/原生地日本
花  期3月-5月
草  丈10-20cm
地  域本州・福島以南、四国、九州
環  境山地/林縁
種  別自生
ヤマルリソウヤマルリソウ
ヤマルリソウ 
ムラサキ科オンファロデス属の仲間

ムラサキ科の仲間
アメリカチシャノキ アルカネット アンチューサ・アズレア エキウム・ウィルドプレッティ エキウム・ブルーベッダー エゾムラサキ エゾルリソウ オンファロデス・カッパドキカ オンファロデス・ベルナ オンファロデス・リニフォリア キュウリグサ コウ コンフリー シノグロッサム スナビキソウ セリンセ ネモフィラ・インシグニス ネモフィラ・スノーストーム ネモフィラ・ペニーブラック ネモフィラ・マクラータ ハナイバナ ファセリア・カンパニュラリア フクマンギ ブルンネラ プルモナリア ヘリオトロープ ホタルカズラ ボリジ マルバチシャノキ ミヤマホタルカズラ ミヤマムラサキ ムラサキ モンパノキ ワスレナグサ

iPhoneアプリ-花しらべ