HOME  BACKキンポウゲ科アネモネ属   耐寒性多年草
イチリンソウ (一輪草)
Anemone nikoensis
  日の良く当る落葉樹林などに自生する多年草。スプリング・エフェメラル(春植物)のひとつ。名前の由来は、一つの茎に花を1輪だけ咲かせることからだが、実際には、2輪つけることもある。学名の種小名のnikoensisは日光で採取された標本の意。根茎が横に這い、その先に花茎をだす。4-5月に花茎の先に4cm程の白色の花をつける。花弁状のものは萼片で5-6個つく。よく似るニリンソウやサンリンソウより花の径が大きい。葉は3個、1-2回3出複葉、小葉は羽状に深裂する。有毒植物で汁液に触れると皮膚炎を起こす。
別  名イチゲソウ(一華草)
原産地/原生地日本
花  期4月-5月
草  丈20-40cm
地  域本州、四国、九州
環  境山地/林縁
種  別自生
花言葉追憶
イチリンソウイチリンソウ
イチリンソウ 
キンポウゲ科アネモネ属の仲間

キンポウゲ科の仲間
アキカラマツ アズマイチゲ アネモネ アネモネ・ブランダ イトキンポウゲ イヌショウマ ウマノアシガタ ウメバチキンポウゲ エゾノリュウキンカ エンコウソウ オオレイジンソウ オキナグサ オクトリカブト オダマキ カナダオダマキ カラマツソウ キクザキイチゲ キタダケソウ キツネノボタン キバナセツブンソウ キンバイソウ クサボタン クリスマスローズ クレマチス クレマチス・モンタナ ケキツネノボタン サラシナショウマ サンリンソウ シキンカラマツ シナノキンバイ シュウメイギク シラネアオイ セイヨウオキナグサ セツブンソウ セリバオウレン セリバヒエンソウ センニンソウ タガラシ チドリソウ ツクモグサ デルフィニウム トウゴクサバノオ トロリウス ニゲラ ニリンソウ ハイキンポウゲ ハクサンイチゲ ハナトリカブト ハンショウヅル バイカオウレン バイカカラマツ バイカモ ヒキノカサ ヒダカソウ ヒメイチゲ ヒメウズ ヒメリュウキンカ フクジュソウ フタマタイチゲ ボタンヅル ミチノクフクジュソウ ミツバオウレン ミヤマオダマキ ミヤマカラマツ ミヤマキンポウゲ ミヤマトリカブト ミヤマハンショウヅル モミジカラマツ ヤチトリカブト ヤブイチゲ ヤマオダマキ ヤマトリカブト ユキワリイチゲ ユキワリソウ ラナンキュラス ラナンキュラス・ゴールドコイン リュウキンカ ルイヨウショウマ レンゲショウマ

iPhoneアプリ-花しらべ