HOME  BACKトウダイグサ科ユーフォルビア属   多年草
ノウルシ (野漆)
Euphorbia adenochlora
  川岸や湿地帯などに生え、しばしば大群生する多年草。名前の由来は、茎からウルシに似た白色の乳液がでて、ウルシと同様にかぶれることから。4-5月に茎先に葉が5個輪生し、葉腋から枝をだし杯状の花序をつける。黄色の花びらに見えるのは総苞葉。茎中部で葉は互生し、葉身は5-10cmの狭楕円形から披針形。有毒植物で誤食すると下痢・胃腸炎、茎を切ると出る乳液がつくと皮膚炎を起こす。環境省・準絶滅危惧種指定。
別  名サワウルシ
原産地/原生地日本
花  期4月-5月
草  丈30-60cm
地  域北海道、本州、四国、九州
環  境田畑/河原/草原/池沼/海岸
種  別自生
ノウルシノウルシ
ノウルシノウルシ
トウダイグサ科ユーフォルビア属の仲間

トウダイグサ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ