HOME  BACKサトイモ科テンナンショウ属   球根
ウラシマソウ (浦島草)
Arisaema urashima
  野原や林縁などに自生する球根草。名前の由来は、4-5月に淡紫色の仏炎苞の中から釣り糸のように垂れ下がる様子を浦島太郎の釣竿に例えた。仏炎苞の中には肉穂花序があり、肉穂花序の先に糸状の付属体がつく。長い葉柄の先に11-15個の小葉をつける。有毒植物。
英  名Cobra lily Urashima
別  名ヘビクサ(蛇草)
原産地/原生地日本
花  期4月-5月
草  丈30-60cm
地  域北海道、本州、四国、九州
環  境山地/林縁/草原
種  別自生/栽培
花言葉注意を怠るな
ウラシマソウウラシマソウ
ウラシマソウウラシマソウ
サトイモ科テンナンショウ属の仲間

サトイモ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ