HOME  BACKキンバイザサ科ロードヒポキシス属   半耐寒性球根
アッツザクラ (アッツ桜)
Rhodohypoxis baurii
  南アフリカの高原に分布する球根草。属名のロードヒポキシスはギリシャ語のrhodon(バラ色)とhypoxis(ヒポクシ属)が語源。1属1種の植物。名前は、太平洋戦争で、アッツ島(アリューシャン列島の最西部)で守備隊が玉砕した頃に、この花の名前をアッツザクラと名付けて流通させたことに由来する。2-7月に葉腋に2cm程の白、淡紅、赤色の花をつける。花被片は6個、3個ずつ上下につく。根生葉は4-8cmの線形で毛を密生する。鉢植えやロックガーデンなどで利用される。
英  名Red star
別  名ロードヒポキシス
原産地/原生地南アフリカ
花  期2月-7月
草  丈10-20cm
種  別栽培
花言葉可憐、無意識
アッツザクラアッツザクラ
アッツザクラアッツザクラ
アッツザクラ 
キンバイザサ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ