HOME  BACKアブラナ科ダイコン属   越年草
ダイコン (大根)
Raphanus sativus
  地中海沿岸地方から中東原産とされ古い時代に中国を経由し導入された越年草。名前の由来は、オオネ(大根)の音読み。根生葉は羽状深裂。3-5月に茎頂に総状花序をだし、3cm程の白色または紫色の十字形の4弁花をつける。根は生食や漬物、乾物などで用いる。葉は、ビタミンA、B1、B2、C、カルシウム、鉄分が含まれる。春の七草のひとつ(スズシロ)。
英  名Daikon radish
別  名スズシロ(清白)
原産地/原生地地中海沿岸地方、中東
花  期3月-5月
草  丈10-100cm
環  境田畑
種  別野菜・果物
花言葉潔白
ダイコンダイコン
ダイコンダイコン
ダイコン 
アブラナ科ダイコン属の仲間

アブラナ科の仲間
アブラナ アラビス イオノプシディウム イヌガラシ イベリス ウメハタザオ エゾスズシロ オーブリエチア オオバタネツケバナ オランダガラシ カキネガラシ カブ コマツナ コンロンソウ ゴウダソウ ザーサイ シュッコンアリッサム スイートアリッサム スカシタゴボウ ストック セイヨウカラシナ タアツァイ タネツケバナ ナズナ ナノハナ ニオイアラセイトウ ハクサイ ハナナ ハボタン ハマダイコン ハマハタザオ ハルザキヤマガラシ バージニア・ストック フジハタザオ ブロッコリー ヘリオフィラ・ロンギフォリア ホソバタイセイ マメグンバイナズナ ミチタネツケバナ ミヤマタネツケバナ ミヤマハタザオ ムラサキハナナ モロッコナズナ ヤマガラシ ヤマハタザオ ユリワサビ ルッコラ ワサビ

iPhoneアプリ-花しらべ