HOME  BACKムラサキ科プルモナリア属   耐寒性多年草
プルモナリア
Pulmonaria
  ヨーロッパから西アジア原産の多年草。属名のPulmonariaはラテン語の pulmo(肺)が語源で 白い斑が入る葉を肺病のシンボルに例えたという説、肺病の治療に使われたからという説がある。3-6月に花茎の先に総状花序をだし、1-2cmの漏斗形の青紫色や赤紫色の花をつける。花冠は5裂する。葉は互生し、葉身は5-10cmの長楕円形、先が尖る。葉に斑が入るものがある。花壇やロックガーデンなどで利用される。
英  名Lungwort,Bethlehem sage,Jerusalem cowslip
原産地/原生地ヨーロッパ、西アジア
花  期3月-6月
草  丈10-40cm
種  別栽培
花言葉気品
プルモナリアプルモナリア
プルモナリアプルモナリア
ムラサキ科の仲間
アメリカチシャノキ アルカネット アンチューサ・アズレア エキウム・ウィルドプレッティ エキウム・ブルーベッダー エゾムラサキ エゾルリソウ オンファロデス・カッパドキカ オンファロデス・ベルナ オンファロデス・リニフォリア キュウリグサ コウ コンフリー シノグロッサム スナビキソウ セリンセ ネモフィラ・インシグニス ネモフィラ・スノーストーム ネモフィラ・ペニーブラック ネモフィラ・マクラータ ハナイバナ ファセリア・カンパニュラリア フクマンギ ブルンネラ ヘリオトロープ ホタルカズラ ボリジ マルバチシャノキ ミヤマホタルカズラ ミヤマムラサキ ムラサキ モンパノキ ヤマルリソウ ワスレナグサ

iPhoneアプリ-花しらべ