HOME  BACKシュロソウ科ショウジョウバカマ属   多年草
ショウジョウバカマ (猩々袴)
Heloniopsis orientalis
  低山から高山帯の湿り気のある場所に自生する多年草。スプリング・エフェメラル(春植物)のひとつ。名前の由来は、花後に一時的に赤くなる花を中国の空想上の動物であるショウジョウ(猩々)の顔に、根生葉をハカマ(袴)に例えた。花は低山では3-4月、高山帯では6-7月に咲く。根元から10-30cmの花茎を伸ばし、茎先に総状花序をだし、白、淡紅、紫色の花を数個横向きにつける。花被片は6個、雄しべは6個。根生葉はロゼット状、5-20cmの倒披針形で、やや光沢がある。
原産地/原生地日本、朝鮮半島
花  期3月-7月
草  丈10-30cm
地  域北海道、本州、四国、九州
環  境田畑/山地/高山/林縁
種  別自生
花言葉希望
ショウジョウバカマショウジョウバカマ
ショウジョウバカマショウジョウバカマ
シュロソウ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ